S

中型カメラ撮影基礎コース

まだまだデジタルカメラの追随を許さない高画質の中型フィルムカメラ。

小型35ミリカメラとは画面比率も撮影方法も全く違う、中型カメラならではの被写体の捉え方や、撮影技術の基礎、構図の考え方などをトータルにマスターしてもらえるコースです。

去年までは6×6サイズカメラ限定のコースでしたが、今年から全ての画面サイズ(6×45、6×6、6×7、6×8、6×9 etc…)の中型カメラで受講していただけるカリキュラムになりました。

ただし残念ながら、カメラの貸し出しはおこなっていません。
これには理由があります。

以前、中型カメラコースで数名の方に中型カメラをお貸ししたことがあるのですが、中型カメラは機種ごとに個性があり、操作方法も様々で、借りたカメラと同じものを手に入れるのはなかなか難しいので、授業修了後に撮り続ける方が少なかったのです。

これでは”末永く撮り続けてほしい”という当講座の思いから離れてしまうことになるので、それ以来貸し出しは行なっていません。

いきなり中型カメラを手に入れる…。ちょっと勇気がいるかもしれませんが、ぜひ思いきって「my camera」をゲットして、このコースで新しい世界を体感してください!

中型カメラは、ブローニーフィルムが装填でき、絞りとシャッタースピードがついていれば、一眼レフでも二眼レフでも古いカメラでもOKです。
中型カメラ購入などの相談も受付けています。

まだまだデジタルに負けない高画質を誇るブローニーフィルムを使って、一枚一枚を大切に撮ってみませんか?

日程 & 授業料
回数 期間 曜日 講義時間 講師
30回 2018年4月〜2019年3月 土/日/祝 11:00〜13:00
15:00〜17:00
19:00〜21:00
河原

授業は1ヶ月に平均3回です。

実技の時間は講義時間帯の表記の限りではありません。事前に告知致します。

詳しい授業日程表をご希望の方は資料をご請求ください。

定員に満たないコースは実施しない場合があります。

新規入稿料&継続料 総額授業料 分割支払い回数
新規入稿料 10,000円 または 継続料 6,000円 137,000円 4回

総額授業料以外に、初めて受講される方は 新規入講料10,000円、 継続受講の方は 継続料6,000円が必要です

2019年3月に開催の修了展費として約10,000円(出展人数により若干変動します)を10月頃に徴収いたします。

授業料は一括でも分割でもお支払いいただけます。分割金額などの詳細は資料をご請求ください。

撮影実習などで使用するフィルム、それにかかる現像、プリントなどは各自の自己負担となります。

その他のコースをみる