B2

撮影スキルを表現に活かすコース

従来からカメラに備わっている色々な機能。

B1撮影中級コースではそれらを知り、実習を通して体験してもらいますが、このB2コースでは、色々あるカメラの機能をしっかり自分のものにして使いこなしていただくための一歩踏み込んだ実習を用意しています。

せっかく方法が分かっても、普段は普通の撮影しかしない。なんてもったいないですよね。でもそういう方、実は結構多いんです。

身につけたスキルを必要な時にさっと使えるようになるには、普段の撮影でも色々試して使ってみること。
そうして初めてその面白さに気付くことができます。

B1で習った時はあまり関心がなかったけれど、B2の実習で何度も使っているうちに自分の表現したいことが、そのテクニックを使うことで人に伝えやすくなった気がします。という方もおられます。

人の心を動かす写真とそうでない写真には決定的な違いがあります。
それは表現したいことにその表現方法やテクニックがしっくりきているかどうかです。

写真の難しいところは、写真で表現したいことがあるとき、そのための道具であるカメラや撮影機材(三脚やフィルター等)を使いこなせないと、どうしても思うようなかたちになってくれないということです。

頭の中にはイメージがあるのにそれをかたちにできない。

これほどもどかしいことはありませんよね。
その歯痒さを少しでも減らすためには、技術や経験の引き出しをひとつでもたくさん自分の中に持つこと、必要な時に必要な引き出しを開けられるようになることが大切です。

覚えた技術や考え方がちゃんと自分のものになる充実感をこのコースで味わっていただければと思います。

日程 & 授業料
回数 期間 曜日 講義時間 講師
32回 2018年4月〜2019年3月 土/日/祝 11:00〜13:00
15:00〜17:00
19:00〜21:00
河原・大東

授業は1ヶ月に平均3回です。

実技の時間は講義時間帯の表記の限りではありません。事前に告知致します。

詳しい授業日程表をご希望の方は資料をご請求ください。

定員に満たないコースは実施しない場合があります。

新規入稿料&継続料 総額授業料 分割支払い回数
新規入稿料 10,000円 または 継続料 6,000円 132,000円 4回

総額授業料以外に、初めて受講される方は 新規入講料10,000円、 継続受講の方は 継続料6,000円が必要です

2019年3月に開催の修了展費として約10,000円(出展人数により若干変動します)を10月頃に徴収いたします。

授業料は一括でも分割でもお支払いいただけます。分割金額などの詳細は資料をご請求ください。

撮影実習などで使用するフィルム、それにかかる現像、プリントなどは各自の自己負担となります。

その他のコースをみる