FOTO写真講座
ホーム FAQ FOTOLabo.
トピックス 講座について コース紹介 受講案内 ギャラリー お問合せ
モノクロプリント
モノクロプリント
モノクロ撮影&プリント基礎コース モノクロプリント中級コース

モノクロプリントコースのある教室はたくさんありますが、短期間または数回で終了するところも多いようです。

「モノクロプリント教えます」
その「教える」とは一体どこまでを指すのでしょうか?
学びに来られた生徒さんがどこまでできるようになってくれたら、こちらはきちんと「教えた」たことになるのでしょうか?

「教える」とは、必要な道具や実際の手順のことでしょうか?

道具と手順が分かれば、もちろんかたちとしては焼けます。しかしそれは残念ながら、モノクロプリントとは呼べません。ただ撮影した像が印画紙上に現れただけに過ぎません。

像が出ればそれで充分。趣味なんだからそれ以上は必要ない。という考え方も世の中にはありますが、モノクロ写真とプリントは一心同体であり、切り離すことはできません。

せっかくよいシャッターチャンスの写真でも、プリントがまずければ見た人の感動には繋がりません。作品そのものよりも、プリントと被写体のなんだかしっくりこないアンバランスさのほうが気になってしまうのです。

では「教える」とは、有名作家さんの作品のような個性的なプリント技法の伝授でしょうか?

モノクロプリントを初めて焼く人から「写真家の○○○さんのようなプリントを焼きたいんです。どうやればいいんですか?」と言われることがたまににあります。

写真(= 撮影した中味)とプリントはワンセット。
中味を犠牲にしてプリントだけを「写真家○○○風」にしたとしても、それってちょっと無理があると思いませんか?

撮影の内容に合ったプリントとして仕上がっている写真は人の心を動かします。つまり<内容に合ったプリント = 美しいプリント>と言えると思うのです。

写真は自分ひとりだけで見るものではありません。誰かに見てもらうものです。誰であれ第三者に見せるわけですから、やはり美しくあってほしいものです。

しかし「美しいモノクロプリント」となると、数回やっただけでは焼けるようにはなりません。なぜでしょうか?

理由は簡単です。
有彩色の世界で生きている私たちには、無彩色であるモノクロ写真の美しさを見極める目 = 「審美眼」がほとんど備わっていないからです。

まずは「無彩色の美しさ」を感じて判断できる「審美眼」を養いましょう。そのためには、無彩色に対して豊富な知識と経験をもつ人の指導のもとで、プリントの経験を積んでください。何だかとても遠回りのような話に聞こえるかもしれませんが、結局それが一番の近道なのです。

もし審美眼を持たない状態のまま自分流に大量のプリントを焼いても、果たして写真の内容に合ったプリントが焼けているのか、どうすれば自分がイメージするプリントに仕上がるのか…、暗中模索がずっと続くのです。

どうですか? モノクロプリント、やってみたいと思われましたか?
確かにやっかいな代物ですが、きっと楽しくなってくると思います。

モノクロプリントコースの生徒さんたちは、その一筋縄ではかない世界に魅了され、2年、3年、4年…とマイペースで続けることでしっかり力をつけています。

このC&Dコースでは未経験の方が美しいモノクロプリントが焼けるようになるまでじっくりと指導していきます。

河原講師のプライベート作品は全てモノクロです。
ご興味のある方はKfotoオフィシャルサイトをのぞいてみてくださいね。


MASAO KAWAHARA OFFICIAL WEBSITE : http://www.kfoto.jp
C モノクロ撮影&プリント基礎コース 授業内容
D モノクロプリント中級コース 授業内容
© 2005 FOTO All Rights Reserved